• 加害者変容理論

    GADHA Transition Theory

  • Welcome

    はじめに

    「悪意のない加害者」としての、あなたへ

    このページを開くことができたあなたに、心からの敬意と感謝を表します。今あなたは、様々な思いを抱えながらこのページを読んでいるのだと思います。
     

    「変わるといっても、何を変えたらいいのかわからない」

    「どうやって変わればいいのかわからない」

    「そんな努力をしてまで、自分が変わることに意味はあるのだろうか?」

     

    そんな不安や戸惑いがあって尚、この加害者変容理論を開き、そしてこれを読み始めること自体に、とても勇気が必要だったと思います。


    自分でも名前をつけることが難しいほど多くの、複雑な気持ちがあるでしょう。

    それを乗り越えても、この理論を読み進めていこうという覚悟に、その願いに、確かに応えていくために、あなたが「大切な人を大切にできるようになるための」理論をここに綴ります。

    ただし、文章(形式知)だけでは人は変われません。

    本ページの内容は、加害者変容プログラム入門編のレクチャーを元にしています。


    プログラム本編では個別の質疑応答や、実践的な内容のホームワークをメンバーと共に行いますので、文面だけの理解では難しい実際の変容に直接的なアプローチをすることが可能です。

     

    この理論に触れた上でご自身にとって必要なものであると感じていただけた場合には、GADHA Slackならびに加害当事者会、最後に有償となりますが加害者変容プログラムへの参加を強く推奨いたします。

     

    GADHA加害者変容理論は難しく思えるかもしれませんが、プログラムの満足度は非常に高く、適切な環境で学ぶことで、その効果に大きな期待が持てます。

    加害者変容の最終目的とは?

    変容の終着点は、「自他ともに、持続的に、ケアできる関係を構築できる人になること」 です。

     

    これは非常に重要なことなのですが、「直近のパートナーを取り戻す」ことは変容の最終目的ではありません。

     

    結果的にそのような状況になることは有り得ると思いますが、これを目的にしてしまうとおそらく様々な意味で達成が難しくなります。
     

    この難しさについては、変容を進めていく過程で理解していただけるでしょう。

    自分がそのような関係を築ける人になっていく、ということを大切にしていただきたいと思います。

     

    ただ、上記のように言われても抽象的で理解が難しいと思いますので、その最終目的を達成するために必要になる具体的な行動を次の項目から説明していきます。

     

    その内容を簡潔に表すと「加害者が知りたい3つの問いに応え、変容の道を踏み出すこと」となります。

  • Transition Process

    加害者変容=償いとは、落ち込んで下を向いて生きることではなく、

    非常に主体的で能動的な、他者と生きる責任を果たせる自分になるプロセスです。

    ※パートナーとの関係修復はゴールではありません
  • Definition

    定義

    加害とは

    他者に解釈を強要することで自分という解釈を安定させようとする、持続不可能なセルフケアである

    加害者とは

    自他共に持続可能な形でケアする能力が未発達であるがゆえに、関わる他者に加害してしまうことで、親密な他者を不幸にしてしまい、関係が終わることで孤独になり、最後には自分を不幸にする人である

  • Three Questions

    加害者が知りたい3つの問い

    GADHA加害者変容理論はそれに応えるためのものです

    理論の詳細は現在プログラムでのみ学べますが、マンスリーサポーターの発展に伴って順次無償解放します

    1.規範

    変わるといっても、具体的に何をどう変えたらいいのか?

    2.変容

    変わるといっても、具体的にどうしたら変われるのか?

    3.幸福

    大変な思いをしてまで、変わることの意義があるのか?

  • Open & Sustainability

    GADHA理論はマンスリーサポーター拡大に伴って段階的に解放します

     

    GADHAはできるだけ多くのコンテンツを無償で発信して多くの方に届けたいと思っています。
    「マンスリーサポーター=有償会員」が増えるごとに、コンテンツを公開していきます
     
    マンスリーサポーターは全てのコンテンツにアクセス可能です
    そのため「解放を待てない!」という方も併せてサポーターをご検討ください

  • Monthly Support

    マンスリーサポーターの仕組み

    GADHAのビジョンを金銭的に応援してくださる方々向けの仕組みです(Slackとは別です)
    GADHA+M Slack参加の義務はなく、逆にサポート終了後もSlack脱退は不要です
     
    金額(1000円〜1万円/月)によるリターンの変化はなく、名前の公開もいたしません
    ぜひ、GADHAのビジョンを応援してください
     
    マンスリーサポーターは全てのコンテンツにアクセス可能です
    そのため「解放を待てない!」という方も併せてサポーターをご検討ください
    1

    申込

    こちらから、応援金額を選択してメンバーシップに登録してください。

    2

    決済

    月々の引き落とし決済をクレジットカードにて行って下さい(stripe)。

    3

    応援

    サポート中、コンテンツ更新時にメールにてパスをお送りします。

    4

    解約

    ログイン画面よりいつでも手軽に解約可能です。

  • Quick Answers

    3つの簡単な応答

    理論の詳細は現在プログラムでのみ学べますが、GADHA+Mの発展に伴って順次無償解放します

    1.変わるといっても、具体的に何をどう変えたらいいのか?

    加害をすることは悪いことだ、自分が間違っているのだと気づいたとしても、ではここから何をしたらいいのだろうか?

     

    それがわからない限り、変わることはできません。

    ですが被害者の方にとっても、具体的に何をどう変えたらいいのか説明するのはとても難しいことなのです。

     

    それは何故なのでしょう?

     

    「加害とは何か」「ケアとは何か」を一般の人が言葉にすること自体が困難だからです。

     

    困難だからこそ、「規範編」ではそれを明確に伝えていこうと思います。

     

    詳細はこちらをご覧ください。

    『規範編』「変容するとは、具体的に何をどう変えることでしょうか?」

    2.変わるといっても、具体的にどうしたら変われるのか?

    加害をケアに変えたら良いということが理解できても、すぐに上手くいくことはないでしょう。

     

    「わかっていてもできない」ということが山ほどある中で、「変わるためには具体的にどうしたらいいのか」ということがわからないのですから、結局行動に移すこともできません。
     

    それはとても辛いことですので、変容を妨げる大きな原因のひとつにもなります。

     

    「変容編」ではその「どうしたらいいのか?」にも明確に応えていきます。
     

    詳細はこちらをご覧ください。

    『変容編A』「そもそも人が学ぶプロセスとはどのようなものでしょうか?」

    『変容編B』「なぜ加害者変容は1人ではできないのでしょうか?」

    3.大変な思いをしてまで、変わることの意義があるのか?

    こうすれば変われるという具体的な行動は理解できても、変容に取り組むことはとても辛そうに思えるかもしれません。

     

    そのような辛い思いをしてまで変わることの意義があるのだろうか?
    多くの人がそう考え、苦悩する点だと思います。

     

    どうしたらいいのかがわからない。
    わかっても変われるのかがわからない。
    変わり方がわかったとして、それほどの努力をする意味はあるのだろうか?と。

     

    GADHAは、加害者変容のゴールは「幸福になること」だと考えています。

    努力の目的は幸福になることです。

     

    加害者は最初に述べた通り「自他共に持続可能な形でケアする能力が未発達であるがゆえに、関わる他者に加害してしまうことで、親密な他者を不幸にしてしまい、関係が終わることで孤独になり、最後には自分を不幸にする人」です。

     

    他者を幸せにすることを通して得られる幸せに辿り着くことを、GADHAは目指します。

     

    詳細はこちらをご覧ください。

    『幸福編A』「GADHAの考える幸せってなんでしょうか?」

    『幸福編B』「他の幸福概念とはどう違うのでしょうか?」

  • Lectures

    GADHA加害者変容プログラム入門のレクチャー動画

    1.規範

    公開準備中

    2.変容編

    公開準備中

    3.幸福編

    公開準備中

  • Background

    GADHA加害者変容理論について

  • Inquiry

    お気軽にお問い合わせください

    72時間以内にgadha.jpから連絡がない場合はLineからご連絡ください
    お手数ですが迷惑メールフォルダのご確認もお願いいたします
     
    ※運営者は加害者であり、被害者の方の相談を受ける資格・立場にはありません。
    被害者の方は被害者の方向けのガイドをご覧の上、専門機関などにご相談ください。

    すべての投稿
    ×