• 「99%離婚 モラハラ夫は変わるのか」特設ページ

    中川瑛・原作、龍たまこ・漫画 KADOKAWA

  • Warning

    原作者から被害者の方へ

    この漫画にはリアルな加害/被害のシーンが描かれています

    モラハラ・DVの被害を受けた方々は、自覚の有無に関わらずトラウマを抱えているケースが少なくありません。本書で関連した描写を見ることでフラッシュバックが生じたり、心理的なダメージが表面化する危険性が十分あり、読まれる際には安全・安心な状況や環境を確保されることを推奨させてください。

    被害者の方向けのページ

    被害者の方には加害者変容を支援する義務も責任もありません

    本書はモラハラ・DV加害者変容に関する書籍です。「加害者は変われる」と聞いた時、自分にもっとできることがある/あったのではないかとか、自分に至らないところがあるのがダメなんだ、とご自身を責めてしまう方がいらっしゃいます。

     

    しかし、被害者の方には加害者変容を支援する義務も責任も決してありません。関係の終了や距離をとることは決して悪いことでも間違っていることでもないことを強調させてください。

     

    ただしそれらが相手からの攻撃に繋がるトリガーになる恐れもあり、被害者支援の団体やコミュニティにアクセスすることも推奨させてください。

    被害者の方向けのページ

  • Message

    作者からのメッセージ

    龍たまこ・漫画

    「中川瑛(えいなか)さんからこの物語の原作を頂いた時、『これは絶対世に出すべきだ』と感じ、漫画という形にすることで、出来るだけ伝わりやすくすることを目標に取り組んできました。加害者目線をここまで深く掘り下げた漫画はなかなかないと思います。是非、コミックとして楽しんでいただき、『加害者は変われるのか』見届けて頂ければと思います。」

     

    著者プロフィール:3人の子どもを育てるマンガ家。1981年生まれのシングルマザーで、保育士の資格を持つ。ライブドア公式ブログ「新・規格外でもいいじゃない!!-シングルマザーたまことゆかいな子ども達-」をほぼ毎日更新中。著書に『規格外な夫婦』(宝島社)、『母親だから当たり前? フツウの母親ってなんですか』(KADOKAWA)がある。

    中川瑛・原作

    「たまこさんのお陰でとっても素敵なコミックになりました! 原作の文章を遥かに超えた迫力があり、感情がたくさん揺さぶられました。多くの方に手をとっていただける形で加害者変容について発信できることを本当に嬉しく思います。一人でも多くの方が自分の加害性を自覚し、なによりも自分自身の幸福のために、学び変わるきっかけになることを願っています。」

     

    著者プロフィール:モラハラ・DV加害者変容に取り組む当事者団体「GADHA」代表。妻との関係の危機から自身の加害性に気づき、ケアを学び変わることで、幸せな関係を築き直した経験から団体を立ち上げる。現在は加害者個人だけではなく、加害的な社会の変容にも取り組んでいる。
  • Event

    出版を記念して様々なイベントを開催します!!

    ハッシュタグ「#99パー離婚」にいただいた批判と応答はこちらをご覧ください

    2022年11月19日土曜日20:00-21:00

    Amazon予約販売開始当日に、記念オンラインライブを開催します!

     

    ハッシュタグ「#99パー離婚」も活用してコミュニケーションを取りながら進めて参ります。

     

    当日は「コミックを作るまでの流れ」や「このコミックに込めたメッセージ」などについてお話しします。

     

    アーカイブ視聴のリンクはこちらです。

    2022年12月26日月曜日20:00-22:00

    発売開始となる12月26日に、ネタバレを解禁した上で、実際にGADHAのパートナープログラムに参加したお二人を交え、リアルな体験談、その葛藤も喜びも、すなわち「1%の希望」を発信します。

     

    ハッシュタグ「#99パー離婚」も活用してコミュニケーションを取りながら進めて参ります。

     

    当日(アーカイブ視聴も可能)のリンクはこちらです。事前にチャンネル登録いただくと通知がいきますのでぜひご登録ください!!

  • Recommendation

    コミックを読んでくださった方々からの推薦メッセージ

    弁護士 小魚さかなこさん

    この国では、殴る蹴るがDVだと思っている人が少なからずいて、子どもを連れて家を出て行くママたちに、「連れ去りだ」「誘拐だ」という言葉が投げつけられてて、「DVは夫婦の問題で、親子の問題ではない」と言う人までいて、「おかしくない??」と思い、Twitterで発信を始めたところ、「無能」「低脳」「自称弁護士」「バカ」「アホ」「ブス」など散々言われ、一周まわって、やっぱり、「おかしくない??」って思ったときに出会ったのがえいなかさんでした。この漫画は、絶望の中の希望の光。全人類に読んで欲しいです。

     

    twitter @Ksakanako

    『これからの男の子たちへ』著者 弁護士 太田啓子さん

    モラハラ加害者が離婚に至る事案を多くみていると「今まで変われるチャンスはあったはずなのに」「モラハラ加害者が変わるためには何が必要なのか、何が足りないのか」と考えずにいられません。おそらく重要なのは自分の加害性に向き合う勇気と、自分の弱さを認め、開示できること。

     

    でもそれを一人でやるのは大変で、仲間がいると理想的だし、フィクションでもいいからロールモデルがほしいところ。と思っていたところ、そのロールモデルの歩みを体験できる一冊が誕生していました!

     

    モラハラ加害者が変わろうとすることを支えるストーリーだと思います。痛くても、苦くても、読んでほしいです。

     

    twitter @katepanda2

    GADHA代表との対談動画はこちら

    『これからの男の子たちへ』(amazonに飛びます)

    『叱らなくていい子育て』著者 保育士おとーちゃんこと須賀義一さん

    長年、子育てする家庭に関わってきてこうした現実をたくさんみてきました。

     

    ここに描かれているのはパートナー間のあり方だけではありません。親との、子との、そして自分自身との向き合い方です。気づくことで防げる失敗なら誰しもがあらかじめ気づいておきたいと思うことでしょう。

     

    本書はそうした気づきの本になっています。対人関係の問題に直面している人はもちろんですが、「私は大丈夫」と思えている人も手に取ってみて欲しいです。もしかすると、自分の心の中に向きあうことがしんどくておおいをかけて隠していたものが、氷が溶けるようにラクになる感覚にであえるかもしれません。

     

    twitter @hoikushioto

    GADHA代表との対談動画はこちら

    叱らなくていい子育て』(amazonに飛びます)

  • FAQ

    よくある質問と回答

  • 99%離婚

    モラハラ夫は変わるのか

    中川瑛・原作、龍たまこ・漫画
    KADOKAWA
     
    2022年12月26日発売予定
    2022年12月24日電子書籍版の予約注文開始

  • 若者のための

    死の教科書

    青文舎 2022年11月30日発売
     
    GADHA代表えいなか(中川瑛)が直面した「僕(のような人間)は子どもを持つことが許されるのだろうか?」という問いに悩み、葛藤しながら応じる論考が収録。
     
    自分の遺伝・環境要因から生じた何かを次の世代に残すことを恐れている人、この加害的な社会に新しい命を生み出すことに罪悪感がある人と共に考え続けていくための1冊。
     
    監修・島田裕巳(宗教学者)

  • Inquiry

    お気軽にお問い合わせください

    72時間以内にgadha.jpから連絡がない場合は迷惑メールフォルダのご確認もお願いいたします

    すべての投稿
    ×