「99パー離婚」ハッシュタグへの批判と応答

本記事の経緯:何が起きたのか

2022年12月26日発売の「99%離婚 モラハラ夫は変わるのか」という書籍の告知ツイートを以下の画像のように行いました。

このツイートに対して「本の販売のために被害者を養分にしないでほしい」「加害者側が被害者の傷を突くことは被害者を動揺させることだと理解してほしい」「このハッシュタグを使うのをやめてほしい」などのご意見をいただきました。

それに対し2022年11月19日までに検討しお返事する旨をお伝えし、直接の返事は不要であるとお返事をいただきました。

そのため、この記事自体を直接ご意見いただいた方にはお送りしませんが、非常に重要な指摘であったため、急ぎ検討し、本記事にまとめました。

検討の結果の謝罪とアクションを以下に記します。

謝罪

今回問題となったツイートは、未だ深い傷つきを抱えている多くの被害者の方々への配慮に欠けたものであり、モラハラ・DV加害当事者団体としてこの問題に取り組む上で果たすべき責任を果たしておりませんでした。本件で傷ついたたくさんの方々に心よりお詫び申し上げます。

本件に異議を表明してくださった方々には大変な葛藤があったかと思います。モラハラDVの問題に取り組んでいる組織の活動そのものを否定することではなくても、ハッシュタグを批判することが、他の人からそのように受け取られるリスクを感じていらっしゃったはずです。そのような苦しみを、分断のリスクを、加害当事者団体の代表が生じさせてしまったことの問題は重篤であり、深くお詫び申し上げます。

また、今回の批判をいただいたことで「加害者変容支援の活動」の構造的な難しさも改めて認識いたしました。そのことについても併せてこの記事で述べ、GADHAの今後の活動のスタンスを提示し、更なる議論や対話へと展開し、よりよい活動を検討し、学び続けることを約束いたします。

アクション

・ハッシュタグの目的を「99%離婚 モラハラ夫は変わるのか」についての幅広いコメントや感想のためのハッシュタグに変更します(完了)

・問題となったツイートを削除します(が、記録としてこのページに画像としては残します)(完了)

・改めてハッシュタグの紹介を行うツイートを関連する注意喚起とこの記事へのリンクを伴った形で行います(未完了)

・ハッシュタグをご利用いただいた皆さんにはこの記事のリンクをお送りします(関連ツイートを削除されるかどうかはご本人にお任せします)(完了)

・記事をお送りした上で問題がないという方のエピソードはイベントなどで取り上げさせていただきます(完了)

・特設ページに「被害者の方向けの情報」「トラウマ刺激のリスク」「加害者支援の義務も責任もないこと」を明記します(完了)

・特設ページに本書やハッシュタグの目的、GADHAの活動の背景などについての記述を追加します(完了)

・本件はあくまで「緊急対応」と考え、改めてGADHA+Mにて取り上げ、オープンにコメントを集めた上で対話し、改めて議論の内容を公開します(実行中)

本件の反省的分析「被害者を利用する」こと

今回のご批判をいただき「被害者を利用する」ということについて考えました。GADHA代表であるぼく「えいなか」のフォロワーの方々は1.2万人以上いらっしゃいます。その方々のほとんどは加害者ではなく、被害者の方だと想定されます。多くの加害者は「無自覚」であり、僕のようなアカウントをフォローする人はごく少数です。

これまでモラハラ・DVのことについて様々に発信してきました。SPA!様でもかなり早い時期から取り上げていただき、多くの方に届けていただきました。ABEMA Prime様にモラハラ特集でお話をさせていただいたこともありました。これらにおいて「加害者向けのみに」話すことはできません。あまりにも対象者が少ないからです。

無自覚な加害者のほとんどは、多くの場合では被害者が傷つきを訴えた時点では自覚せず、離婚や別居など関係の危機に至ってようやく自覚する人も一部いる、という状況です。これまでのGADHAのコミュニティの数字に基づくと特に男性はこの経緯が当てはまります。GADHAでは、この状態でようやく自覚して学び変わることで、離婚した後に、離婚前よりもお子さん含めて良い関係を築き直された方もいらっしゃいます。

このような意味においては、被害者の方々が「自分は傷ついていい、悲しんでいい、怒っていい」と感じ考えられるようになることが、加害者変容のきっかけでもあると言えます。

僕は加害