99パー離婚ハッシュタグへの批判と応答 GADHA+Mを介して

この文章の目的と構成

ハッシュタグ「#99パー離婚」にいただいた批判と応答はこちらをご覧ください。こちらの批判への応答の一環として、「本件はあくまで「緊急対応」と考え、改めてGADHA+Mにて取り上げ、オープンにコメントを集めた上で対話し、改めて議論の内容を公開します」というアクションを行うことを約束したものを、ここに記します。

そのため、この文章の構成は以下のようになっています。まず、GADHA+Mとは何かを簡潔に述べ、続いてGADHA+Mの中で共有された意見をまとめ、最後にそれらを受けての追加的なアクションや今後の姿勢について述べていきます。

GADHA+Mとは何か

GADHAが掲げるビジョン「自他共に、持続可能な形で、ケアし合い、美徳を発揮できる社会を目指す」に共感し、その実現を応援するあらゆる人が参加することのできるコミュニティです。被害者や加害者など当事者の方に加え、非当事者の方もご参加いただけます。 名前の由来はGADHA+MACROを縮めたものです。

GADHAの活動を進めていく中で、被害者を含む多くの方々から「活動を応援したい」「何かできることはないか」と言っていただいたことからGADHA+Mを立ち上げました。金銭的な支援だけでなく、共に考え相談して今後のことを考えられる仲間になれるコミュニティです。

GADHAはその性質上、活動やその発信には極めて注意深くある必要があります。同時に、加害者変容は単にミクロな加害者の変容を支援するだけでは不足であり、加害的な社会を変えていく必要があることも事実です。そこでは常に、加害者自身以外の目線が必要です。GADHA+Mは、加害者だけではなく、ビジョンに共感する様々な人たちが集まることで、その実現を目指しています。

これまでには、「悪意のない加害者」という表現が批判を受けたこともありました。その時の議論においても、GADHA+Mは積極的にその役割を果たし、加害者であるGADHA代表だけでは持ち得ない幅広い視点についての批判的検討にお力添えいただけました。

そのため、今回の件についてもGADHA+Mでの整理・議論を行った上で、最終的なアクションに落とし込んでいきたいと考え、このようなプロセスを進めています。

GADHA+Mの詳細はこちらからご覧ください。

いただいたコメントの抜粋

以下のコメントは、11月19日時点で公開した「99パー離婚ハッシュタグへの批判と応答」を読んでくださった方々から、その不足や問題についてのコメントを募ったものです。

匿名アンケートフォームでいただいたコメントa(GADHA+M外)

Twitterのハッシュタグの一件、やりとりを見ていました。モラハラ被害者の一人として、離婚の経緯は思い出すのも辛く簡単に語れるものではないので、ハッシュタグの使い方やTwitterの発信方法には違和感を覚えました。しかし、その意見と真摯に向き合い、こうして公に発信してくださった姿勢が「加害者も学び変わることができる」というメッセージの体現だと思います。

えいなかさんの様に活動できる方は加害者の中でも僅か一握りです。私が具体的に何かGADHAの活動を支援できる訳ではないのですが、心の中では応援しています。一人でも被害者が少なくなっていきます様に。えいなかさんもGADHAの皆さんも、活動に集中するあまり、ご自身の心身の健康を害すことのない様、ご自愛ください。

匿名アンケートフォームでいただいたコメントb(GADHA+M外)

被害者側の本音は加害者変容を望んではいません。変容を諦めているという意味では無く変容して欲しく無いという意味です。今まで散々私たちの尊厳を傷つけてきながら今更真っ当な人間になって真っ当な人生を歩んで行くなんて許せません。このまま周りに毒を撒き散らし誰からも愛されず最後は1人孤独に寂しくのたれ死んで欲しいのです。変容の美談なんぞ虫唾がはしるだけです。これが被害者の表立って言えない本音です。

被害者側。子供を連れて別居2年半継続中の方

どんなに言葉を選んだとしても受け取る側によって理解は変わってくると思うので、全員が納得できるような発信をするというのは難しいのではと思います。ただ、今回の件で傷つく人が出たというのは想像できますし、そういう意図ではないのを理解した上でも、自分の精神状態によってはもしかしたら心穏やかでいられない1人になっていたかもしれません。応答の文章については確かにそうだなあと思って読んでいました。

少し離れた第三者的な気持ちで見ると「離婚を決意したエピソード」ってある意味、離婚を決意されてしまった加害者って自分の加害に気づくこともできず、離婚も決意されてなんとも哀れだな…と思ったりもして。言葉って難しいですね。おっしゃっている通り、今まで通り言葉を選んで説明をして活動していく、が最善なのではと思いますし、いち被害者で救われた身としてはGADHAの活動がなくなるようなことがあっては困る!と思っています

非当事者の方

応答ページの表現上で強いて気になるとすれば、注釈部分の「被害者の方に〝力を貸してもらえる〟とは限らない」の部分が、「(本当は貸してもらいたいんだけどな〜)」と読む事が可能な気がするので、その前の文の言い方をなぞる方が良いかなと感じました。(「被害者の方が力を貸す必要はない」とか、「手を貸す責任はない」とか、「〇〇(で)はない」の形)

GADHAが取り扱うものが繊細であるので、「特定のエピソードを募集するTwitter企画を行う」事自体が向いてないだろうと考えています。(※募集をtweetで行う事ではなく、ハッシュタグの様に企画自体をTwitterで進行するもの) 今回は被害者エピソードでしたが、これが仮に加害者エピソードだとしても荒れる(た)のでは無いかと。Twitterの性質上、モラハラ・DVに関心の高い方/当事者の方にほどより多く企画ツイートが流れてくるという事になってしまうので、タグをミュートするにしてもその企画を知る必要があり それ自体がストレスになると考えます。

被害者の方