GADHA 加害者変容プログラム詳細

· program

本記事の目的

本記事は、GADHAが提供する「GADHA 加害者変容プログラム」に関心のある方が、参加するかどうかを検討するために必要なあらゆる情報を提供するための記事です。

加害者変容プログラムのゴール

これまでのプログラム受講者による「本プログラム全体を、自分と似た加害者に対してどのくらいおすすめできますか?」というアンケートへの回答は、10点満点中9.5点となっています。

加害者変容プログラムとは何か

GADHA 加害者変容プログラムは、最大6名の少人数による完全オンラインで、概ね隔週1回2時間を6万円(税抜き)で開催します。日程は参加者が揃ってから相談して確定します。

全12回ですが、初級・中級・上級と3つのセットに分けることで

  1. 一度に12回分払わないので、価値がないと感じた時に止めやすい
  2. 級で区切るため、毎週参加を数ヶ月続ける必要がある場合と比べて日程の調整がつきやすい
  3. 一方連続で受ければ半年で

受講完了できる(※現在は初級のみ実施中、中級は2022年前半、上級は2022年後半に開講予定)

といったメリットがあります。

現在は参加希望者が3名以上集まったタイミングで日程調整を行うため、固定の日程にはなっておりません。基本的には毎月開催する予定ですので、たとえば10月に参加希望であれば9月中旬までにご連絡いただければ幸いです。

プログラム参加希望の方は、こちらの問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。コミュニティへの参加後、アナウンスに応答する形で参加希望をいただきます。

参加者状況

  • 2022年02月分-残席6
  • 2022年01月分-残席6

どんな内容なのか

現在、会の雰囲気をイメージしやすくするために、シリーズ記事を作成しています。ぜひ、以下よりご覧ください。

また、初級プログラム参加者の方々による座談会を開催しました。その様子はこちらからご覧ください。GADHA変容プログラム初級参加者座談会

プログラムは上記の5つの要素で構成されます。それぞれ概要を述べます。

1.チェックイン

会をはじめるにあたって、参加者の率直な感情をシェアする時間です。関係が悪化していたり、感情が強く動揺するような経験を1週間の間で経験していたり、変容の葛藤や苦しみを強く感じているような場合は特に、そういった感情をまずは「テーブルの上に置く」だけでも、参加するにあたっての心が調います。

2.ホームワークを対象としたケーススタディ

プログラムでは毎回ホームワーク、つまり宿題が与えられます。単にプログラムに参加すれば良いのではなく、日々の中で時間を作って、自分の加害性と向き合い、変容するための活動を行います。

その1週間での成果、アウトプットを発表するのが「ホームワークの共有」の時間です。取り組む中でどんなことを感じ、考え、気づくことができたか。その苦しみやしんどさもシェアしていきます。

ホームワークは加害性を可視化するような内容になっています。それにより1.自身の行動を内省する能力を身につけ、2.対処法を検討することが可能になります。

(ホームワークの例)

3.レクチャーとディスカッション

続いて、その回のレクチャーを行います。この内容は「GADHA 加害者変容理論」の最新版の中から、特に重要なものを提供することになります。

プログラム当日をディスカッション・質疑応答に充てるため、現在はレクチャーの内容を録画にて提供しています。事前に見てきていただき、当日はそれを元に理解を深めます。

レクチャーに用いるスライドは全体で200ページを超えており、非常に膨大なボリュームとなります。入門プログラムにて、GADHAの加害者変容理論の全体像を最低限把握することが目的です。

プログラムに参加しただけで全てを理解するのではなく、繰り返し学び続けることを強く推奨しています。

4.ホームワークの説明

次回までのホームワークの概要、目的、やり方などを説明します。

5.チェックアウト

プログラムの最後の時間に、感じていること、考えていること、気づきなどを共有します。ここでも感じているモヤモヤや苦しみ、納得のいかなさなどネガティブなものも含めて「全てをテーブルの上に置く」ことを目指します。

全体としての特徴

このプログラムは、ホームワーク、ケーススタディ、レクチャーを組み合わせ、「単に座っていれば時間が過ぎる」ようなものではなく、能動的な学びの場を目指しています。

とにかく少人数で、全員非常に強い意欲を持って参加しています。また、オンラインでのチャット(slack)グループもあるので、リアルタイムで相談やわからないことの確認なども可能になっています。