GADHA変容プログラム入門レポート#4

· program,report

本記事の目的と構成

本記事は、GADHAが提供する加害者変容プログラムに関心のある方が持つであろう、

  • どんな人が参加するんだろうか
  • プログラムでは何をするんだろうか
  • 自分はこれを受けたら変われるんだろうか

といった疑問に応え、今後のプログラム参加を検討できるように情報を提供することを目的とした「GADHA 加害者変容プログラムとは何か」のシリーズ記事となります。

他記事や加害者変容プログラム自体に関心のある方は、こちらの記事をご覧ください。

初級プログラム参加者の方々による座談会を開催しました。その様子はこちらからご覧ください。GADHA変容プログラム初級参加者座談会

プログラムの構成

プログラムは5つの要素によって構成されています。それらの順に従って、会の様子をレポートします。

チェックイン

チェックインでは、この1週間で感じていたこと、起きたこと、パートナーとの関係などを形式不問で自由に共有します。

「この2ヶ月間くらいあまり連絡が取れていなかったのだけれど、パートナーとの関係に、何か手応えというか、光明が見えたような感じがあります」

「弱さを認められない働き方/生き方をしていたと言うことがよくわかってきた。これを次の世代に残さないようにしたい、と思うようになった」

というように、一週間の状況を共有しあいました。全体として、1ヶ月間の集中プログラムの成果や変化が見られてきたような印象です。

ホームワーク×ケーススタディ

続いて、ホームワークをシェアして、それに対して考えや感想をシェアしていきます。

GADHA変容プログラム初級レポート#3でみなさんに共有したのは「パートナーからの手紙を書く」というホームワークです。

この手紙をケースとして用いて、ケーススタディを行ないます。他の参加者から異なる視点を共有されたり、「わかるわかる」と同意を受けたり、「もしかしてこうなんじゃないか?」というような考えがシェアされたりします。

多くの場合、DV・モラハラ加害者は被害者でもあります。もちろん、だから加害しても仕方ないということではありません。大事なのは、自分がされて嫌だったことを、愛する人に結果的に再現してしまうことを通して、人を傷つけていることを理解することです。

具体例として、1人の手紙を紹介させていただきます。こちらから手紙の本文をご覧ください。

みなさんの手紙をシェアしあうことで、いくつもの共通点が見えてきます。とりわけ多く、かつ本質的であると思われたのは「共同解釈を見る機会がなかったこと、自分もしてもらっていなかったこと」です。

夫婦間でのいさかいやつまずきをどう解消するのか。みなさんの手紙から見えてくるのは「暴力的な喧嘩、言い争い」か、あるいは「無干渉、家に不在の父」というようなコミュニケーションのあり方でした。

そして子供に対して「子はかすがい」という役割を求めるか、逆に「可愛い我が子」とばかりに甘やかしながらも、実際は大人になってもそのような関わり方のまま、つまり「子どもらしい子供」という幻想のレンズをかけたまま接されてきた加害者の皆さんの姿でした。

そしてやはりというか当然と言うべきか、僕自身の親もそのような人間でした。一方で、僕たちの親もまた被害者の側面があることはほとんど間違い無いでしょう。繰り返されてきた加害の連鎖を、気づいた僕たちの世代が終わらせるほかありません。

レクチャー×ディスカッション