GADHA変容プログラム入門レポート#1

· program,report

本記事の目的

本記事は、GADHAが提供する加害者変容プログラムに関心のある方が持つであろう、

  • どんな人が参加するんだろうか
  • プログラムでは何をするんだろうか
  • 自分はこれを受けたら変われるんだろうか

といった疑問に応え、今後のプログラム参加を検討できるように情報を提供することを目的とした「GADHA 加害者変容プログラムとは何か」のシリーズ記事となります。

他記事や加害者変容プログラム自体に関心のある方は、こちらの記事をご覧ください。

Kick-off

初級プログラム参加者の方々による座談会を開催しました。その様子はこちらからご覧ください。GADHA変容プログラム初級参加者座談会

プログラムの構成

プログラムは5つの要素によって構成されています。それらの順に従って、会の様子をレポートします。

チェックイン

チェックインでは、この1週間で感じていたこと、起きたこと、パートナーとの関係などを形式不問で自由に共有します。

「わざわざ有償プログラムに参加していなければ、忙しくてとても自分とパートナーのことについて考える時間がなかった」とか、

「パートナーとの関係はイマイチで、今日は少し重たい気持ちで参加している」など、それぞれの感情や考えのシェアをしていきます。

ホームワーク×ケーススタディ

続いて、ホームワークをシェアして、それに対して考えや感想をシェアしていきます。

Kick-Off MTGでみなさんに共有したのは「手紙ワーク」です。事前にGADHAの記事を読んだ上で、800-4000字程度の手紙を、被害者の方向けに書いてきていただきました。

必ずしも手紙を渡す必要があるわけではないのですが、これを書くことを通して

  1. 自分と相手の感情や考えについて、丁寧に言葉を選ぶ時間を持つこと
  2. 自分の行為をどう捉えているのかをみんなで共有すること

が目的でした。

1.それぞれが手紙を読み上げ、2.書いている時の心情をシェアし、3.他の人が感想をシェアします。

書いている時の心情で多かったのは、「書いて客観的に読むことで、いかに自分のした行為が加害的だったかを思い知り、正直かなりキツかった」というものです。

それもそのはず。閉じた家庭の中でしてきた加害行為の多くは、とても人には話せないようなことばかりです。

誰かに自分の加害を話すこともほとんどなく、もしあっても、そのような加害が「夫婦なんてそんなもの」「よくやった」と言われるような場面で、やや誇張したり、逆に矮小化した上で人に話したことしかなかったはずです。

自分の加害性とまっすぐ向き合い、それを言葉にし、加害性と向き合う場でそれをシェアするということは、強い不安感や恥の感情、苦しみを覚えたはずです。

一方で、ここにいる人はみな加害者。単純に断罪などできる人は(ファシリテーターである私も含めて)一人もいません。その弱さ、醜さも含めて受け止め、しかし変わりたいと思う人たちの集まりです。

これまで誰にも話せなかったことを共有し、受け止められる。そのような機会や時間が、自分たちの加害性と向き合うための大事な「支え」になると感じます。

初回なので、今回はあまり踏み込めませんでしたが、今後はこれまでのレクチャーをベースに「ここで書かれていることはつまりどういうことか」「何がこの加害的言動の背景にあるのか」「ではどうすればよかったのか」といったことを一緒に分析していきます。

レクチャー×ディスカッション