GADHAの活動方針

· introduction

記事の目的

本記事は、GADHAが組織として活動するにあたって、

  1. どのような社会を目指しているのか
  2. そのためになにをするのか
  3. なぜそれをするのか
  4. 具体的な取り組みは何か
  5. 前提となる信念はどのようなものか

をまとめています。

GADHAのミッション

目指す理想状態

DV・モラハラ加害者の変容を支援することで、被害者を一人でも減らし、ケアのある社会を実現する

GADHAのアプローチ

理想実現に向けた現段階の最有力仮説

DV・モラハラ加害者が集まり、学び、語り、作り、実践し、共有することで、愛のあるケアができる人を増やしていく場を作る

GADHAのイシュー

解決可能かつそれによって仮説が検証されるような問題

DV・モラハラ加害者が変容するために必要な知識(※)やネットワークが、様々なテーマや場所に散在しているため、自力でアクセスしたり、学んだりすることが難しい

※発達障害・愛着障害・パーソナリティ障害・アサーション・対話理論・成人発達理論・フェミニズム/ジェンダースタディーズなど多数

GADHAのアクティビティ

イシューを解決するための取り組み

ハードル低く気軽に参加できる1から始まり、加害者としての自覚を持ち主体的に学び変わりたい方にはより能動的な学びが可能となるよう参加をデザインしています。

  1. 当事者会による同じ加害者との関係的な学び(動機付け)
  2. 記事や読書など受動的な学び(知識収集)
  3. プログラムや読書会などの協調的な学び(知識理解)
  4. トラブル由来のケーススタディによる実践的な学び(知識実践)
  5. コンテンツ/尺度/パターンランゲージ制作などによる能動的な学び(知識生成)
  6. 次の世代に共有する教育的な学び(知識共有)

GADHAのビリーフ

取り組みの前提となる信念

  • 私たちは、人は変われると信じています
  • 教えられるのではなく、自ら学ぶ力を身につけることで変われます
  • 学びを自己目的化せず、実際に言動を変え、被害者を減らします

DV・モラハラ加害者の変容を支援することを手段とし、被害者を一人でも減らし、ケアのある社会を実現するというミッションに向けて、GADHAは活動していきます。

関連記事

終わりに

G.A.D.H.A(Gathering Against Doing Harm Again:ガドハ)は、大切にしたいはずのパートナーや仲間を傷つけたり、苦しめたりしてしまう「悪意のない加害者」が、人との関わりを学習するためのコミュニティサービスです。

当事者コミュニティとイベントの運営加害者変容理論の発信トレーニングなどを行い、大切な人のために変わりたいと願う「悪意のない加害者」に変容のきっかけを提供し、ケアのある社会の実現を目的としています。

当事者コミュニティやトレーニングに関するお問い合わせはこちらから。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK