• Narrative Share MTG

    GADHAオンライン当事者会

  • Schedule

    今後の開催日程

    第13回

    2022年01月09日(日曜)

    20:00-21:30

    第14回

    2022年01月23日(日曜)

    20:00-21:30

    第15回

    調整中

    概ね2週間後を想定

  • About

    GADHAオンライン当事者会とは

    どんな会?

    すでに離婚や別居に至っている方から、自分の加害性を自覚して誰かと話したい人、まだ疑心暗鬼だけれども自分に加害性があるのかもしれない…と悩んでいる人、どんな人でも気軽に参加できる会です。

     

    準備も不要、予約も不要、見学も可能、オンライン、完全無料のイベントなので、GADHAの活動の中でも敷居が低く、GADHAに最初に触れるためにおすすめの会となっています。

    何をする会?

    GADHAオンライン当事者会は、以下のように進行します。

    1.自分のことについて語る

    2.コメントしたい人がその話を受けて語る

     

    人数にもよりますが、2-3分ほどで自分の話をした後は、6-8分ほどそれについて他の参加者と自由に語り合います。チャットで参加される方もいます。

    なんのための会?

    自分の加害性について、普段の知り合いとは中々話せません。ついごまかしたり、相手も悪いかのように話してしまいますよね。でもGADHAの当事者会はみんなが自分の加害性を自覚しています。

     

    誰かに自分の加害を「正当化」してもらうために話すのではなく、「ではどうしたらいいんだろうか?」「これが加害ならどうすれば加害じゃなくなるんだろうか?」と話すことができる非常に稀有な場です。

  • Transition Process

    当事者会は「加害経験の共有」「変容の苦しみの共有」「変容の報告」などを行うことで、その変容を支援します。

  • Object

    2つの対象と目的

    対象者1
    加害者変容の苦しみを感じながらも変わろうとする人

    ・こういうことをやってしまうという加害体験共有(問題の自覚)

    ・頑張っているけどなかなか報われなくて苦しい…(変容の困難)

    ・こんな変化がありました! という変容報告(成功の共有)

     

    上記を通して、「苦しみも喜びも分かち合うことで、もう少し頑張ってみよう」と思える場です。

    対象者2
    まだ加害者としての自覚が薄く、半信半疑な人

    ・aの人が真剣に自分の加害性と向き合っていたり(問題の自覚)

    ・変容の苦しみを分かち合うということを知ったり(変容の過程)

    ・その変容の成功体験と関係改善をシェアされたり(目的の理解)

     

    上記を通して、「自分も加害性を持っていて、しかし変わって、幸せになれるかも」と思える場です。

  • Notion

    注意事項

    プライバシー

    トラブル予防・記録・研究・透明性確保のために録画をします。一般公開はしませんのでご安心ください。

     

    個人情報保護のため、顔出しなし・仮名での参加を強く推奨します。また、Zoom参加時に名前を自分で入力できるように、URLだけではなく参加パスコードなどもSlack内で共有致します。

     

    他の人が話したエピソードは外部のSNSなどでは一切発信不可です。ただし会に参加した感想などはかまいません。

    場の前提

    当事者会は「加害者として責任を引き受けることを前提とした場」です。「どっちもどっち」「相手の言い方も悪い」など加害者の責任を減ずる場を志向していません。そのような発話があった場合は指摘させていただきます。ただし、加害者変容に伴う「弱音」は吐いてもOKです。それは変容に必要なステップでさえあります。

     

    当事者会は「変わりたいと願う加害者」の場です、重篤な被害は専門機関への相談を推奨します。ただし、親/学校/職場からの被害が、「自分の加害を生み出してしまっている、どうしたら良いか」という形での共有はOKです。要するに、被害者からの加害についての承認の場ではないということです。

     

    加害を引き受けることは、逃げ出したくなるほどの大きな苦痛と葛藤を伴います。その苦しみを共に背負う当事者が集まり、変わろうとする場を目指しています。あなたは一人ではありません。

    得られないこと

    体系だった知識の獲得はこの場の目的ではありません。ファシリテーターが話し続ける、レクチャーをするといったことは当事者会では行いません。

     

    GADHA Slackで聞いてみたり、GADHA加害者変容プログラムに参加したり、GADHAの加害者変容理論を学習したり、代表のtwitterを遡ることが知識獲得には有効です。

  • FAQ

    よくある質問と回答

  • Inquiry

    お気軽にお問い合わせください

    72時間以内にgadha.jpから連絡がない場合はLineからご連絡ください
    お手数ですが迷惑メールフォルダのご確認もお願いいたします
     
    ※運営者は加害者であり、被害者の方の相談を受ける資格・立場にはありません。
    被害者の方は被害者の方向けのガイドをご覧の上、専門機関などにご相談ください。

    すべての投稿
    ×