自身の変容を伝えることがパートナーのためになりますよね?

· open-t-faq

はじめに

本記事は、「変わりたい」と願う加害者の集まるGADHAのslackで交わされた3万通もののメッセージや、プログラム参加者によるGADHA理論への質問と回答をベースに作られた「よくある質問と回答」になります。

 

よくある質問

モラハラやDVが原因で別居になりました。その後、GADHAで学び始めました。自身の変容を伝えることがパートナーのためになると思うので、何度も連絡をしていますが返事はありません。なぜ返信をもらえないのでしょうか?

 

回答

過去の加害に気づき、学び始めることが出来たのは質問者さんにとって大きな転機になるでしょう。一方で、「変容を伝えることが相手のためになり、連絡をしてしまう」というのは危険な加害行為です。なぜならば、パートナーにはあなたの変容を見届ける義務はなく、関係を終わりにしたいと思った時点で一方的に関係を断つことが許されるからです。「変わった自分を見てほしい」というのは誰のニーズなのでしょうか?相手のためではなく、自分の不安をケアしたいだけであれば、それは加害に他なりません。ケアの中には関係の終了や、コミュニケーションの頻度や方法を相手の希望に合わせることも含まれます。ただ、それは辛く寂しいことも多いのは事実です。

その上で、あなたが変わりつつあることを知ってもらうには何ができるでしょうか。まずは相手がやめてほしいと思うことを止める(加害の停止)しかありません。やめてほしいと思っていることは連絡かもしれませんし、実家へ押しかけて謝ろうとすることかもしれません。多くの場合、加害者が良かれと思って加害を繰り返しているので、別居直後は特に相手のニーズを想像することに注意が必要です。

家族が出て行ってしまい、急な環境の変化を受けると、いてもたってもいられなくなることも理解できます。そんな時はパートナーに弱音を吐くのではなく、GADHAのようなコミュニティ・自助団体を活用することが大切です。ご自身と似た経験をされた方と交流を持つことで、状況を少しだけでも俯瞰的に見られるようになるかもしれません。あるいは絶対にやってはいけないNG行動に気付き、それを避けられるようになるかもしれません。変容の過程は長く・容易ではないことは事実です。その過程をGADHAのslackなどを活用しながら、少しでも前向きに取り組んでいきましょう。

おわりに

本記事は、あくまで「形式的な」知識です。実際に使ってみて、間違っていたら学び直すためには、GADHAのコミュニティ(無料)やイベント(無料)、プログラム(有料)に参加することを推奨します。ぜひこちらの「GADHAの活動」ページをご覧ください。「よくある質問と回答」コンテンツは一部の公開のみを行っていますが、マンスリーサポーター(MS)の方は全てにアクセスすることが可能です。また、MSの方が増えるほど、無償で公開する範囲を増やすことができます。コンテンツに関心のある方や、GADHAを応援してくださる方は、ぜひMS制度の詳細をご覧ください。

 

Key words: 関係の危機, 変容の報告, 自分のニーズ