パートナーが感情的になりやすく、話し合いが長時間になってしまいます。

· open-t-faq

はじめに

本記事は、「変わりたい」と願う加害者の集まるGADHAのslackで交わされた3万通もののメッセージや、プログラム参加者によるGADHA理論への質問と回答をベースに作られた「よくある質問と回答」になります。

 

よくある質問

パートナーが感情的になりやすく、話し合いが長時間になることが続いてしまいます。どうすれば感情的に話さないようになってもらえるのでしょうか?

 

回答

大前提として、人は誰しも感情で行動しており、「自分は感情的ではない」と思っている時点から加害は始まっています。競技ディベートを想像すれば分かるように、「正しさ」は論理の組み立て次第でいくらでも入れ替わるのです。その上で、相手の主張を間違っていると断じることは、感情の否定という意味で加害的な行為になるので注意が必要です。正しさをぶつけ合うのではなく、相手の感情を想像し、尊重しようとすることこそがケアの世界観なのです。

ただし、違いを受容することにも限界はあるので、切り上げるタイミングやルールを考えることは有効です。「思考が鈍りやすくなる深夜には話し合いをしない」「落ち着いて話すために時間をとって、机越しに向き合って話す」などの対応には意味があるでしょう。

また、違いを受け入れられるキャパシティを広げるために、セルフケアに力を入れることも良いでしょう。何のためにセルフケアをするのかといえば、それは最後には相手をケアするためなのです。GADHAのslackチャンネルには「加害報告-分析-改善相談」という加害を振り返るための仕組みもあります。コンテンツを読み漁ることで、自分の置かれた状況はそれほど特別ではないことに気付けたり、人の不完全さが腹落ちするようになります。パートナーが感情的になりやすいと愚痴をこぼすのではなく、その心理的背景や、傷付きを生み出してしまっている自分の行動に目を向けられると良いでしょう。

 

おわりに

本記事は、あくまで「形式的な」知識です。実際に使ってみて、間違っていたら学び直すためには、GADHAのコミュニティ(無料)やイベント(無料)、プログラム(有料)に参加することを推奨します。ぜひこちらの「GADHAの活動」ページをご覧ください。「よくある質問と回答」コンテンツは一部の公開のみを行っていますが、マンスリーサポーター(MS)の方は全てにアクセスすることが可能です。また、MSの方が増えるほど、無償で公開する範囲を増やすことができます。コンテンツに関心のある方や、GADHAを応援してくださる方は、ぜひMS制度の詳細をご覧ください。

Key words: 感情的なパートナー, キレる, 正しさ, セルフケア