パートナーとの価値観の違いに傷つかないようにしたいです。

· open-t-faq

はじめに

本記事は、「変わりたい」と願う加害者の集まるGADHAのslackで交わされた3万通もののメッセージや、プログラム参加者によるGADHA理論への質問と回答をベースに作られた「よくある質問と回答」になります。

 

よくある質問

変容の過程でパートナーと冷静に話ができるようになりましたが、それでもなお全く違う価値観を持っていることにも気づきました。擦り合わせる努力もしましたがあまり上手くいっていません。考え方の違いをどのように受け止めれば、それによる傷付きを減らすことができるでしょうか?

 

回答

GADHAでは「価値観を完璧に擦り合わせることは不可能で、人との違いを許容しながら生きていこう」という立場を採用しています。前提として、あらゆる人間関係はどちらかがもう無理と思えば終了してよいものです。それでも一緒に生きていきたいなら、完璧に全てのニーズが満たされないことを認めた上で、持続可能な形でそれができるような関わり方を考えます。程々の喜びを楽しめるようになるだけでもずっと生きやすくなります。

弱音や愚痴もこぼしていいということも大事です。「あーあ、こうしてくれたらいいんだけどねぇ」「なかなかそうもいかないよねぇ」と口に出してみることで、救われているということはよくあります。それらの弱音の向き先をパートナーではなく、GADHAのような第三者にすることで、パートナーにに全てを吐き出さずに、ケアを続けられるようにもなっていきます。相手も自分の全ては満たせないことを自覚し、なんやかんやと生きていくことができると私たちは信じています。

また、相手との意見の違いがあることを認める「agree to disagree」という考え方を知っておくことも役に立ちます。どこまでは同じ意見で、どこからは違った感じ方や立場を取っているのかに自覚的になることで、相手の考えを尊重し、無理に変えようとしなくなっていきます。

 

おわりに

本記事は、あくまで「形式的な」知識です。実際に使ってみて、間違っていたら学び直すためには、GADHAのコミュニティ(無料)やイベント(無料)、プログラム(有料)に参加することを推奨します。ぜひこちらの「GADHAの活動」ページをご覧ください。「よくある質問と回答」コンテンツは一部の公開のみを行っていますが、マンスリーサポーター(MS)の方は全てにアクセスすることが可能です。また、MSの方が増えるほど、無償で公開する範囲を増やすことができます。コンテンツに関心のある方や、GADHAを応援してくださる方は、ぜひMS制度の詳細をご覧ください。

 

Key Words: Agree to disagree